TOP PAGE 都筑道夫先生とは   都筑先生との出会い   今日のDIARY   出版社別目録(文庫本)   CONTACT ME

 

過去の風来坊のDIARY

2010年12月

 

2010年12月30日から2011年1月4日までシンガポールへ逃避行しにいきます。
日記再開は1月5日からになります。

2010年も色々ありがとうございました。2011年もよろしくお願いします。

2010年12月28日(火曜日)
 昨日で仕事納め。今年もご苦労様でした。町中を歩いてもちっとも年末を感じない今日この頃ですが、大手でも門松を立てる所が少なくなりました。私の小さい頃は町内で門松をプリントした縦長の短冊を二枚配られ、それを玄関に貼り付けていました。御家庭はプリントした門松、お店などは本物を立てると思っていました。クリスマスツリーを飾ったり豪華な電飾で飾る家も多いのですが、日本の行事はなぜきちんとやらないのかな不思議です。西洋にしろ東洋にしてもイベントは楽しいので私はきちんとやりたいです。さて、明日から恒例の年末年始の海外旅行で、今年はシンガポールで新年を迎えます。期間も短いし短パン、シャツで十分なので用意なんて何もしなくても大丈夫。海外に行くときは必ず本を持って行くのですが大抵は「本の旅人」、「ニュートン」そして「趣味系の雑誌」を持って行きます。去年は全て読み終えてしまったので部屋に配られる英字新聞のクロスワードパズルをプールサイドで解いていました。日本では英字クロスワードなんて絶対にしないのですが、意外と海外では真剣にがんばっちゃいます。結構おもしろいですよ。あと、成田や羽田の本屋で買って持って行って後悔(全く使用しない)する本は「漢クロ」、「頭体操系」の本です。これは我が家の本棚で埃をかぶっています。これ系の本ってなぜか分厚いのですよね。昔の「電池を入れ忘れたウォークマン」みたい。重い文鎮。あはは!

2010年12月27日(月曜日)
今日、二十六日の大忘年会で今年の飲み会が終了しました。いやあ、十一月から始まった怒濤の飲み会、四キロ太って終了しました。九月にバリ島へ行ったときの水着写真を見たのですが、その時も「あぁ、太ったな。やばいな」なんて思っていましたがそれから四キロ太ったから凄い事ですよね。ほぼ二ヶ月、作品作りで外に出なかったのが敗因です。来年は目指せマッチョ! という事でがんばりたいと思います。二十八日に茅ヶ崎ジャミンの展覧会作品を入れ替えすれば仕事も終了。さて、今年の年末ですが数年前は三十一日にジルベスターコンサートを聞き、その後深夜のバーで乾杯。そして元旦からどこか温泉へ行くのがパターンでした。最近は海外へ逃避行することが多く、今回は予算の関係上近場のシンガポールで楽しむ事にしました。やっぱり暖かい所で過ごすのが良いですね。シンガポールは一一年前に行った後はトランジットで一日滞在が多く、きちんと行くのはこれが二回目です。前に行った時はセントーサ島でプールのテーマパークで遊びましたがなんとそこにはユニバーサルスタジオができて今回のお目当ての一つになりました。しかしさすがにお正月は入場制限しているので最終日の三日に軽く遊びに行くことになっちゃいました。今回は買い物とプールでぼーっとしているだけなのでカメラはコンパクトのみ。荷物が少ないので楽です。行きのトランクはがらがら、帰りはお土産たっぷりになる予定です。円高で良かった。

2010年12月25日(土曜日)
 クリスマスも無事に終わり、後は大掃除、餅つきをやるだけになりました。クリスマスの時も思ったのですが、町が全然年末らしくないです。松飾りも何も無くて本当に年末?と、思えるぐらい静かです。小さい頃、「お正月を撮そう、フジカラーで撮そう」とか「おせちも良いけど、カレーもね」というコマーシャルを見ると年末を感じましたが今はやっているのかな? 自分だけの季節の風物詩ってのがありますが、私の年末は前記のコマーシャルとか、おもちゃ屋さんの店頭に並ぶおもちゃなどで感じていました。もっとも学校でのクリスマス会や書き初めの練習などでも感じていましたがね。今の若い子はきっと年末は「サザンの年越しライヴ」とか、クリスマスなら「小田さんのライヴ」とかかもしれません。さて、二十三日から始まった怒濤のクリスマス会ですが昨日二十五日に体調を崩し、トイレで下血。体調ゲロ悪。なんですが、よくよく見てみたら血ではなくて前日にしこたま飲んだ赤ワインがそのままどば〜っと出たようです。それでも体調が悪いのは変わりませんね。ベルトの穴も二つきつくなったし、髪の毛を切って膨らんだ顔にびっくりもしたし、「来年から摂生するぞ」なんて言わないで今すぐに実行だ!! で、二十六日に最後のパーティです。あぁ、神様、飲み過ぎないように見守って下さいね!あれ、年賀状まだ書いてない!

2010年12月24日(金曜日)
 今年のクリスマスカードは毎年一枚製作していた「クマさん、サンタシリーズ」ではなくて新たな「童話、メルヘンシリーズ」で製作しました。昔読んだ漫画に童話をモチーフにしたギャグがあり、その中で「おもちゃのチャチャチャ」をギャグに使った一場面があって、その使い方がとても印象的で私もいつかそれを使った絵を描きたいと思っていました。今年のクリスマスカードは一旦はクマサンタシリーズで原画を描いたのですが全然納得できなくて、それじゃあどうしようかな?なんて考えて居たら突然頭の中に「おもちゃのチャチャチャ」が流れてきたのです。流れてきたらしめたもの、自然と手が動いて絵を完成することが出来ました。その流れで新しいシリーズも思い浮かび、作品作りが楽しくなりました。来年はハワイイ作品より童話や不思議な世界の天然色切り絵を制作したいと思っています。私は小さい頃に良く神様やサンタさんに真剣にお願いしていた事があり、その都度うらぎられ、「神様なんて居ないんだ。運は力尽くでも自分で切り開かなくてはいけないんだ。」なんて生意気な考えで若い頃生きていました。でもこの年になって「サンタさんはいるんだ」、「不思議な世界はあるんだ」と思えるようになりました。本当にサンタさんがソリに乗ってプレゼントをくれることを信じているのではなくて、たとえばとっても素敵な夕日を見られたとか、綺麗な花を見ることができたとか、そんな素敵なことに気づかせてくれるのが神様からのプレゼントだと思うのです。もちろんおいしいお酒に巡り会ったとか、おいしいケーキに巡り会ったとかもね!!

2010年12月20日(月曜日)
 東京ディズニーランドがオープンした年に私はキャストとして働いていて、商品部から食堂部、そして運営部と経験しました。当時不思議だったのが「ゲストとしてディズニーの世界を楽しむ為に入場料を払っているのに、漫画雑誌や単行本を読んでいる子がいる」のにびっくりした事があります。きっとその子供はディズニーなんか全然興味が無くて親のエゴで連れてこられたのだと思いますが、私なら「それなら家に一人でいろ!」と言いたくなります。せっかくの雰囲気をたった一人の子供のせいで台無しになるのが親はなぜ気づかないのですかね。今は無くなってしまったキャッスルの中にあった「ミステリーツアー」ですが、並んでいるときからジャンプを読み、ツアーが始まっても読みながら歩く子供ってどう? テーマレストランの中でカードを広げてたりニンテンドーやっていたり。全く最近の親はどういう教育をしているのですかね。まあ、その親の年齢が私と同年代であるのが悲しいですけど。ゲームをやることは私もやりますのでどうこう言いませんが、なぜけじめをつけさせないのか理解できません。そうそう、ミステリーツアーでは最後に勇者の剣で戦った勇気ある者に「ヒーローのメダル」をあげたのですが、ある親から『なんでうちの子が選ばれないの!』とクレームが多くついた事があり、一時期メダルをあげなかった事があります。後にウオルトディズニーからクレームが付き「メダルをあげるのがショーだからあげなさい」と言われ元に戻った事がありました。いやはやいやはや。

2010年12月15日(水曜日)
 いつも考えているわけではありませんが、突然「ひらめく!」事ってありますよね。私も切り絵の下絵から原画を描くときに突然降臨して思っていたのとは全く違う作品ができあがった事があります。今回もクリスマスが終わった後の展示会で少しは新作を展示したいと考えていたら降りてきました。もともと前から暖めていたのですが描いてはおらず、すんなりと二枚原画ができあがり、あとは二十六日までに出来上がるかが問題です。さて、せっかく降りている時なので数年ぶりに「ふうちゃんとコペルおじさんのお話」の新作、クリスマスバーションを考えていたらこれもなんとなく湧いてきました。さすがにこれはクリスマスまでには間に合いそうもありませんが来年は発表できるかと思います。さて、クリスマス近くなると町中ではイルミネーションが花咲きます。我が横浜旧市街もイルミネーションでキラキラ‥。と、言いたいのですが今年は山下公園とその通りは真っ暗。毎年開催していた「キャンドル・クリスマス」は赤レンガ倉庫に移ってしまいました。氷川丸も電飾一切無しなので寂しい、暗い山下公園です。キラキラしているのはマリンタワーの回りのみ。こう一気に無くなるのもどうかと思いますよ。まあ、静かで良いですがね。小さい頃の駅前デパートや商店街の「場末クリスマス」がクリスマスらしくて良かったです。今のゲーム、ネット大好き子供達はサンタクロースを信じているのかな? 私は信じていますよ。

2010年12月14日(火曜日)
 今年の十二月は仕事より飲み会が多くてちゃんとカロリー消費しないと恐ろしい事になりそうです。日曜日に友人のハラウ(フラのスタジオ)のクリスマスパーティでウクレレと歌を披露してきたのですが、途中から「???」と、具合が悪くなってしまいました。最初は座っていたのでおしりがしびれてきたのかと思ったら何となくおしっこをしている時にも「???」。ついでに腰も痛くなってきて、「お酒でも飲めば散るかな」と、ワインを飲んだのですがダメ。結局だましだまし二次会まで突入。翌日は腰が痛くてなんとなく微熱が出てしまいました。十一月から十二月にかけて珍しく座りっぱなしで作品を仕上げたのが悪かったのかな。今、結構ノッて作品を作っているのでちょっと心配です。話が前後しますが土曜日はラケットボールの昼間仲間の忘年会があり、一年半ぶりにラケットボールをプレイしました。意外とカンは狂っていなかったのですが、「最初の一歩がでない!」のです。それに足を開いて打ち込んだりするのがボクシングで使う筋肉と違い、結構ジムでがんばっているのに筋肉痛になりました。もっと鍛えなければ!ジムも行きたいし本も読みたい。作品も沢山作りたいし小説のネタも詰めたい。うーむ、時間がないぞ!!もうすぐクリスマス。プレゼントはいらないから健康で来年を迎えられますように!!

2010年12月9日(木曜日)
 一度足が遠のくと中々行けなくなるって事ありますよね。ちょっと嫌な事が立て続けにあり、行かなくなったバーとか。今はジムかな。行っているときは一週間に五回は通っていたのですが、現在は忙しいのを言い訳に週に一回行くか行かないか。おかげで三キロも太りました。でも、もう太った体は嫌なので来週からはバリバリ行きます。週末も飲み会などが重なって、胃も体もたっぷり‥。やっぱり飲んだら動く! 摂取したカロリーはきちんと消費しなくちゃ。これから年末まで飲み会が続くのでジムがんばろう。さて、もう今年もあと二十日で終わり。受験生は天王山、学生は期末試験。電車通学の学生が静かな日が続きます。私が学生時代は「単語カード」を使って年号や単語を覚えながら通学していました。と、言っても入学二ヶ月後に自転車通学になったので通学時間に勉強できなくなったけど。当時は学校にいち早く行って約一時間ぐらい勉強していました。おかげでクラスで二位、学年で五位という地位を築き、将来有望だったのですが途中でバイトとバイクが好きになり一気に奈落の底へ。あはは! でもそれがあったから現在の自分があるのでで満足しています。人間って大きな分岐が人生の間で何回かありますがその時が最初の大きな分岐点だったと今では思います。この分岐点、決して間違った方を選ばなかったと思える現在、これからも後悔しない生き方をしたいと思います。よし、年末までの目標にしよう!!

2010年12月7日(火曜日)
 八十年代に出来た東京ディズニーランド。それまではあのぐらい大きな、コンセプトのはっきりした遊園地って無かったと思います。(横浜ドリームランドはディズニーを手本に作った遊園地でした)各私鉄会社が大抵遊園地を持っていて、私の実家の近くには「船橋ヘルスセンター」と京成電鉄が運営していた「谷津遊園」が一番近い遊園地でした。(ちなみに東京ディズニーランドは三井不動産と京成電鉄の共同会社で、初代社長は京成の人でした)さて、谷津遊園の話ですが、観覧車有り、プールあり、バラ園ありという狭いながらも老若男女が楽しめる場所でした。日本で初めてのスクリュータイプジェットコースター「コークスクリュー」、海上も走るコースターなど当時はとても楽しかった記憶があります。しかし私は何か物足りなさを感じていました。そうです、私の大好きな『ライド式の乗り物』が一つしかなかったのです。ライド式とは乗り物に乗って色々な冒険や景色を楽しむ、ディズニーランドには良くあるタイプです。私は小学校の時に谷津遊園の「スペースアドベンチャー」というライドアトラクションが大好きで連続五回乗った記録があります。しかしメンテがされていなくて「ゴゴゴゴ」「ガガガ」という乗り物の動く音ばかりで「こんなの違う、きっともっと楽しい乗り物に違いない」と思っていました。東京ディズニーランドが出来てライド式の乗り物ばかりで凄く喜んだ自分がいました。でもそのアトラクションを自分がキャストとして動かすとは思ってもいませんでした。

2010年12月4日(土曜日)
 ウィキペディアで調べ物していて、気づいたら最初調べていた内容とは全く違うことを読みふけった事が何回もあります。今日もある番組の初回放送の日時を調べているうちに「秘密戦隊ゴレンジャー」という今から四十年前に放送された戦隊物に引っかかって知らない間に読みふけり、ついでにユーチューブで探して映像まで見てしまいました。昔、アンナミラーズで働いていたとき、キッチンのバイトと、「レーザーディスクを買ったら映画に走るか、おたくに走るかどちらだろうね」という話で盛り上がった事があります。(えーと、今から二十年前ぐらいの話です)私はその友人に「えーと、もしレーザーディスクを買ったら『キューティーハニー』と『魔女っ子メグちゃん』、あと『ゴレンジャー』とか買う?」と聞いたところ「・・もちろん買う」「おぉ、私と同じ!」と、お互いオタクに走ることが判明。そして結局私はレーザーディスクでボックス買いに走りました。あはは。たまに思い出したように見て楽しんでいます。でももうレーザーディスクの再生機は売っていないので壊れたらアウト。やはりDVDで買い換えるかな。えーとまずは「キューティーハニー、メグちゃん、あ、そうそう勇者ライディーンも欲しい」とやはりおたく道まっしぐら! でもね、脚本は本当に良く出来ていて、今見ても面白いのです。どうしよう、また見たくなった。

2010年12月3日(金曜日)
 ここ数年はハワイイ洋服が多くて夏はTシャツやアロハに短パン、ビーサン。冬は長袖Tシャツにパーカー、スタジャンという出で立ちでした。ハワイイ前はヨーロッパが好きだったので鳥打ち帽にボタンダウン、コートなどを着ていました。前々から欲しくて、でもどこで売っているか分からないコート、『トンビコート』が特に最近欲しくなりました。トンビコートとは和装の人が着る、袖無しコートにマントのセットのコートです。シャーロック・ホームズを思い出してくれれば分かると思います。大学時代にはマントを羽織っていたのですが、東京ラヴストーリーの時代(ワンレンボデコン、ローファーに襟立てポロシャツセカンドバック時代、プールバーにブラックライトよん)にはあまりにも浮きすぎていました。おまけに下駄も履いていたからね。同世代の人で大学でそんな格好の人を思い出せばきっと私です。もともとマントが好きで、下宿していた横浜野毛の衣料品店(もうどこにあるか忘れた)で購入。大事に使っていたのですがどこかに消えました。マントって暖かいのですよ! 今は女性が着ているのを見ますが男性は皆無。この間横浜スタヂアムを歩いていたら私より若い人が着ているのを発見! 帽子にトンビコート、ステッキ、髭面‥。これって私じゃん! と思いました。今年の冬は大正ロマンでいくか!! でもね、今の時代、マントもトンビコートも高いのですよ!!

2010年12月2日(木曜日)
 茅ヶ崎ジャミンの展覧会、無事に始まりました。私の切り絵シリーズの中から「動物シリーズ」と「童話挿絵シリーズ」を抜かしたハワイイシリーズ全部持って行きました。飾りきれないかな? と思ったのですが意外と店も広く、調子に乗ってきっちり飾っていたら最後はスカスカに。お店がオープン時間になってしまったので直せなくて残念。月曜日に行って直そうと思います。全部まだ値段を付けていないのですが原画は二万円から八万円也。そんなの売れるわけ無いですね。なのでなんと三千八百円というお得レプリカを用意しました。切り絵自体は印刷物なんですが、マットは一つ一つ私が切った切り絵をマットにしました。これも結構良い感じ。ぜひ本物の切り絵を見に行って下さい。さて、宣伝はここまで。もう十二月、師走なんですね。今年の十二月は仕事は無いですが(それも寂しいですがね)、週末のイベント(という飲み会)がわんさか入っています。この展覧会の準備で約三週間はジムに行っていないのでこれまた太るな。たった三週間+αで三キロ太り、体脂肪も3%アップ。そしてベルトの穴が一つずれた‥。これは非常にやばいことです。よし、これから年末まで「食べたり飲んだり」したら「ジムで消費する」事を誓うぞよ!! あぁ、明日も明後日も飲み会かぁ‥。ちょっと飲み疲れしたな、って、まだ今月も始まったばかりだ!!


このサイトに掲載されているすべての文章・画像の無断転載を禁止します。
Copyright(C)1997-2012 WHORAYBOW ALL Rigths Reserved.