TOP PAGE 都筑道夫先生とは   都筑先生との出会い   今日のDIARY   出版社別目録(文庫本)   CONTACT ME

 

過去の風来坊のDIARY

2011年10月

2011年10月22日(土曜日)
 旅行から帰ってきてもう1週間以上経ちましたがどうも調子が上がりません。旅行ボケとかじゃなくて、時差ぼけなんです。ハワイとかなら昼夜逆なので数日で直るのですが、ケニアは6〜7時間の時差。なので14時から17時あたりが一番眠いです。でもって「2時頃の丑三つ時が頭がすっきりくっきり」なんです。22時ぐらいに「ああ、今日こそは早く寝よう」と思うのですが、0時過ぎる頃からすっきりしてきて結局本を読んだりして気づくと2時過ぎ。こんな調子なんです。一回だまされたと思って早寝しよう。さて、ケニア旅行の写真ですが、これがまた莫大な量です。整理するのが大変。旅行に行くたびに画像1枚のメガ数が上がり、現在1画像約3〜4メガ。これが2000枚以上。私のMacはメモリが2Gなのでアップアップです。今までの旅行の中で一番自分が納得した写真を撮ることができました。やっぱり
Canonのカメラは素晴らしいです。お蔵入りしたNikonが泣いています。今は日焼けも落ち着いてきて、あまり汚くはありませんが旅行最終日近くの自画像を見るとすごいですね。ほとんど火事場から逃げてきた人です。服装も最初から最後まで一緒だしね。でもケニアは良かったです。たくさんの動物も見られたし、一緒のサファリツアーの人も良い人だったしテントもロッジもGood!これで飛行機でおしりが痛くなくて機内食に飽きなかったら最高だったけどね。え、ビジネス? あぁ、我慢するか!

2011年10月21日(金曜日)
 今年の海外旅行も無事に終わりました。2回目のアフリカ、初ケニアは素晴らしい所でした。テント泊とロッジ。どちらも素晴らしく、特にロッジは凄いのなんのって「ここはアフリカ?」という感じでした。テントでの2泊はアフリカ大草原内でしたので昼間は灼熱の太陽、夜はさわやか‥というか、寒いぐらいでした。寝ていると明らかに人間では無い物の息づかいが聞こえ「みしりみしり」とテント脇を通り消えていく‥。鳥がいきなりテントの上を歩いたりなかなかエキゾチックで素晴らしい経験でした。お昼と朝は(ツアー参加じゃないとき)川縁の野外で食べるのですがその川にはカバがたくさん寝ていて、「ぶは〜〜っ」とか息をする音が聞こえてきます。あるときは対岸を子ライオンが歩いていてびっくりでした。めったに見られない光景です。ちょうど夕方のツアーでは満月が素晴らしく、普通なら沈む太陽を見るのですがムーンパワーが強烈で月ばかり撮していました。その写真は素晴らしいできばえです。ロッジ3泊も楽しかったです。アフリカ大草原(保護地区)からマサイ村を抜けて約1時間車で移動。もともと大草原は標高が高いので涼しいのですが、ロッジは山の中腹にあり、さらに涼しい‥寒いといった方が良いぐらいでした。両方ともベッドには湯たんぽが入っていました。前回のタンザニアの時もテントもロッジも暖炉や電気毛布があったのでやっぱりアフリカって標高が高いのですね。ロッジのプールも寒くて入ることができませんでしたって、営業していませんでした。今回は動物もたくさん見られて大満足です。サイもヒョウも見られました。アフリカまで行くのに時間がかかりおケツが痛くなり、4回の機内食、間の2回の食事と胃がおかしくなりました。でもまた行きたい! 今度はいついけるかな。

遅い夏休みでアフリカのケニヤに行ってきます!!

2011年10月8日(土曜日)
 毎年恒例の海外旅行ですが、明日から17日まで行ってきます。場所はこの円高、どこへ行っても楽勝‥のはずなんですがサーチャージがすごくてヨーロッパ系はパス。で、比較的安くて楽しくておもしろいところ‥アフリカのケニヤに行ってきます。2年前はタンザニアだったのでこれでアフリカは2回目です。アフリカ大草原のキャンプに2泊、ちょっとLuxuryな高原ロッジに3泊。最後に香港で1泊。とても楽しみです。前回のタンザニアは行くのが大変で羽田>関空>ドーハ>ダルエスサラーム>こまごま。で、行くだけで疲れ果ててしまいました(笑)今回は羽田>香港>ナイロビ。と、直接いけるので楽ちんです。が、が、香港から13時間ってまるでヨーロッパ行きですよね。すいていますように!! では行ってきます。再来週の火曜日から再開です。

2011年10月6日(木曜日)
 今月の29日に私が所属するハラウのホイケ(発表会)が有楽町にある「よみうり文化ホール」で開催されます。私はボーイズで2曲、コンバインで1曲、そしてカヒコで1曲の合計4曲も踊ります。最近は舞台仕様の練習をしているのですがこれが意外と難しいです。いつもの練習の時は私の前には人がいなくて気にしていなかったのですが、本番は列の後ろで前に何人かいるのです。私は人の踊りを目で追って踊るのが嫌なので(ようは覚えていなくて確認しながら踊る癖をつけたくない)どうしても目に入ってしまうとふりが遅れてしまいます。そうすると、ごちゃごちゃになフラになってしまします。群舞なので合わせるために見なきゃいけないし、やっぱり難しいですね。さて、その舞台衣装ができあがってきました。かっこよくて良いのですが一気に仕上がると一気に集金が来ることが判明。ボーイズはシャツぐらいなのでそんなにお金はかかりませんが、ガールズは踊り毎にドレスを作り、それもオーダーメード。髪飾りやアクセサリーも結構するしこりゃ「フラ貯金」しないとだめですね。ハワイにも行きたくなるし、あーいくらお金があっても足りない。でも、お金は無いけど充実した日々を送れるのは何事にも変えられないですね。フラをやってて良かったです。そろそろアフリカ行きも近いのですが、アフリカから帰ってきた翌々日に締め切りがある仕事、まだ半分もできていないけど大丈夫かなぁ。

2011年10月5日(水曜日)
 サザエさんを見ていたら「秋まきの球根や種を植える」というシーンがありました。そういえば昔、小学校の頃は「春蒔き」「秋蒔き」の花の種や球根などを家の庭に植えていました。学研の学習科学の付録にも「春の種まきセット」で、朝顔の種やチューリップやヒヤシンスの球根と鉢とシャベルのセット、「秋の種まきセット」で水栽培セットなどがあったのを思い出しました。付録のシャベルは金属でできた本格的な物で、のちのちずっと庭で使っていました。この「種や球根」の付録って1〜6年生全学年の付録だったのでこの時期になると『種や球根を扱っている会社』の株価が上がったそうです。「鉱物見本セット」の時も『山が1つ無くなる』と言われていました。学習科学が休刊になって久しくなりますが今こそあるべき雑誌だとおもいますよ。ところで毎年海外旅行に行くときは必ずグラフ雑誌を持って行くのですが、毎回持って行くのがニュートン。今回の旅行では「GSバンド大全集」です。この雑誌は2年前から毎回持って行っているのですが毎回新鮮に楽しめます。アフリカのケニアでサファリツアーするのであまり読む時間は無いと思います。電気は来ていないのでディーゼルで発電、ある時間になるとランプになります。ランプの下で食事ってすごくロマンチックですよ。全く持って心配していないのですが気になるのが「カメラやビデオのバッテリー」です。前回は一回も充電しなくても大丈夫だったのですが、今回はどうかな。

2011年10月4日(火曜日)
 10月に入ってから急に秋らしくなり、短パンTシャツで間着を持っていない私にとって何を着たら良いか分からない中途半端な季節になってしまいました。でも秋は大好き。空もきれいだし夕日なんか空が澄んでいる日は遠い昔を思い出してなんとなくセンチメンタルになります。たまには空を見上げると気持ちが落ち着きますよ。さて、今月から3ヶ月連続で私の切り絵を表紙にした2012年ハワイアン手帳&ノートが限定発売されます。7名のアーティストの中で一番私がマニアック。きっと売り上げ悪いだろうな。でも自分で言うのもなんですが、結構いけますよ! 来月、再来月毎月1回締め切りがあるのでちょっとドキドキしています。注文品もあり大変です。今月はいよいよ来週からアフリカ、ケニア旅行が始まります。カメラ以外何も用意していないのですが大丈夫かな。今回もスーツケースはだめで重さ制限もあり。(これは小さな飛行機の為)ツアー中ずっと同じ服装だと思います。2年前にタンザニアに行ったときの写真を見ていたのですが、今用意している服装太くなったウエストの為に買ったズボン以外ほぼ同じ。あはは!写真きっと同じだな。でも顔の老けかげん、特に髭の白髪で判別できると思いますよ。ルートは羽田>香港>ケニア>あと細かい乗り物。前回のタンザニアの時は羽田>関空>ドーハ>ダルエスサラーム(タンザニア)>国内便>細かい乗り物。なのでちょっとは楽だと思います。何が楽って「機内食を食べなくて良い」のが楽です。私、機内食大好きでいつもワクワクして待ち望んでいるのですがさすがに6回以上はつらかったです。初めて残しましたからね。その代わり機内では現地ビールをしこたま飲みました。今回は「キャセイパシフィック」で香港、「ケニア航空」で現地。初めての航空会社で楽しみです。
 



このサイトに掲載されているすべての文章・画像の無断転載を禁止します。
Copyright(C)1997-2012 WHORAYBOW ALL Rigths Reserved.