TOP PAGE 都筑道夫先生とは   都筑先生との出会い   DIARY   出版社別目録(文庫本)   CONTACT ME


作家、都筑先生とは  

 都筑道夫(つづき・みちお) 昭和四年(1929)東京生まれ
 本名:松岡 厳

 早稲田実業中退。雑誌編集のかたわら、時代小説の執筆、推理小説の翻訳をてがける。三十一年早川書房に入社し、「エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン」を編集。趣向にあふれる本格推理を究め、作品に「やぶにらみの時計」「なめくじ長屋捕物帖さわぎ」「なめくじに聞いてみろ」「誘拐作戦」「退職刑事」「七十五羽の烏」等がある。
推理界きっての論客であり評論集「死体を無事に消すまで」もある。

 

 風太郎はもうずいぶん前に都筑先生の作品をたくさん読みました。時代物あり、現代物、未来物など、どれをとってもどんなショート作品でもちゃんと裏付けがされており、読んでいて小説以外の知識も吸収できるすばらしい作品を書くことのできる数少ない作家だと思いました。都筑先生に出会えて本当によかったと思います。

 風来坊

2003年12月
 11月27日に都筑先生は滞在先のハワイでお亡くなりになりました。

 今まで現在進行形で応援していた都筑センセがお亡くなりになった事は僕にとって非常にショックでした。「もしかしたらあのキャラクターを復活させてくれるかも…」という気持ちがとても強かったのです。

 今まで素晴らしい本をたくさん書いていただき、そして都筑センセの本を知ることができて本当によかったです。これからもずっと応援していきます。

 心からの御冥福をお祈りします。

   
   
   

このサイトに掲載されているすべての文章・画像の無断転載を禁止します。
Copyright(C)1997-2012 WHORAYBOW ALL Rigths Reserved.