ああ、憧れのモルディブ旅行!

11月6日から13日までモルディブ・ソネバフシ旅行

2002年度の海外旅行はなんと、憧れのモルディブに行って来ました。
モルディブへは新東京国際空港成田からシンガポール航空を使い、シンガポール経由で行きました。帰りはシンガポールにデイユースしてモルディブ、シンガポール両方を楽しむことができました。





 

 モルディブ、ソネバフシには直接いけません。モルディブ諸島にある「空港島」マーレから水上飛行機で『ソネバフシ国際空港』に行きます。って、この国際空港って「筏」なんですよね(笑)そこからモーターボートで上陸です。

 
 ソネバフシの海は美しかった。左は僕が泊まったヴィラの目の前の砂浜です。右は僕らのヴィラとは反対側の海で撮影しました。陽射しと岩の関係で海の色が違うように見えますが、色は左の海と同じです。2〜3分日に当たるだけでもうダウンするほど熱かったです。
ソネバフシでの我が家。
 
 ソネバフシの夕陽は絶品でした。僕らのヴィラがある方は「サンライズビーチ」と呼ばれ、逆側、すなわちこの画像の方が「サンセットビーチ」になります。島には野生のうさぎがいてとても人なつっこいです。左側の画像の中にいますよ。
宇宙を感じませんか。
 
 こうやって美しい海とたわむれるだけでも満足。すぐ目の前の岩の周りにも美しい魚が泳いでいます。奥の海の色が濃いのはここから珊瑚が終わり、とっても深くなっているのです。ここがダイビングスポットで、魚がわんさかいます。島の砂浜は珊瑚の細かい粒で日本の黒い砂と違い鉄分が無く、どんなに熱くても裸足で歩くことができます。これこそ『海!』です。
 
 食事は3食ともレストランで食事します。ランチは木陰でのブッフェスタイル。青い海を身ながらの食事はとってもリッチな気分になります。朝食と夕食(夕食のみフルコース)はメインレストランで食事しました。どんなに食べてもタダなので4kg太って帰りました(笑)
 ソネバフシは他のモルディブと違いジャングルになっています。歩くたびにいろいろな発見があって楽しいです。一日に2度殺虫剤(煙系ね。最小限の虫・蚊や蜘蛛ね・のみの殺虫になります。こんな格好で歩いていたってほとんど虫に刺されません…が、雨上がりの後は要注意! 殺虫剤が流れて思いっきり蚊に刺されました(笑) なので雨上がり後は「スキンガード」しましょう。
 道には標識があり迷うことはありません。この「36」番は僕が泊まったヴィラの家番号です。36番…うーん、なんて良い番号なんでしょうか(笑)解る人しか解らないのだ!
 
 朝食と夕食がこのメインレストランになります。夕食の画像はローソクの光のみでの撮影だったので全て真っ黒!(笑)朝もブッフェですが、アラカルトでオムレツを頼みました。とにかく朝はフルーツがおいしかった。よく食べたなぁ。
海に潜り、魚と戯れていると時間を忘れてしまいます。
 
 この日の為に水中デジカメを購入しました。うーん。とっても難しいです。デジカメはシャッターを押してから記録するまでにタイムラグがある為、動いている魚を撮るのは大変でした。しかもスキンダイビングなので長時間潜っていられないので上からの写真ばかりになってしまいました。朝の7時ぐらいにデットライン(急にストンと深くなっている所。画像左がそうです)に行くと魚がえさを食べに来ていて、右画像のように何処を見ても魚ばかりを経験できます。マンタもウミガメもちゃんと見ることができました。滞在中に体験ダイビングもしました。モルディブの海は暖かいので日本近海のように「殺人藻(笑)」が無く本当に美しかったです。
 
 ソネバフシの海は本当に美しく、空も青かったです。少しでもこの美しさを経験してしまうともう社会復帰できなくなります(笑)。海はこんなに美しいのですね。いつまでもこの美しさが残ってほしいです。
さらばモルディブ、また会う日まで。