とうとう行きました、WIEN&VENICE

2003年11月30日(日)から12月8日(月)まで。
WIEN&VENICE旅行

2003年度はなんと海外旅行に二回も行けました。憧れのウイーンとベニス。
オーストリアは初めて、イタリアは二回目でした。
今回は行きと帰りにトランジットでオーストリアに滞在して、ヨーロッパのクリスマスも堪能してきました。
そのどたばた旅行記をお楽しみください。


その2へ行く

その1

↓こちらから下へお読みください。
 

 の日がとうとう来ました。憧れだったウイーンとベニス。僕は一度イタリアに行った時、「今度くる時は絶対にベニスに行くぞ!」と思ったのですが、こんなに早くにいけるとは思いませんでした。


いつものように成田での食事。今回は日本を忘れないように「和食」にしました。

 出発の日はあいにくの雨模様で、今まで海外旅行は「晴れ男」だったのですが、暗雲がたちこめてきました。でも鉄火丼を食べて元気をだしていざ飛行機へ。今回はANAとオーストリア航空の合同便で、ウイーンへ向かいました。


ANAの機内食(夜)ANAに勤めている友だちが言っていたように、品数が1品少なくなっていた‥(笑)

 早くから切符の手配をしていたので二人席に座れました。(後ろから二列目。でも帰りが凄かったんだよね‥)しかし、今まで食べた機内食の中で1、2を争うぐらいまずかった(笑)


まだ元気な風来坊


二回目の食事はもしかしたら「おにぎり」か! と思ったのですが、さすがにサンドイッチでした。これは美味しかったよ。

 JALはインターネットで予約すると座席指定できるのですよね。(ただ、それをすると翼の上から後ろになるけど)今回はカウンターでリクエストしないとわからなくて、ちょっと不安でした。でも良い席で満足。僕は混んでいるなら通路側の席が好きです。何故って、機内ではフルサイズのワインも簡単に飲んでしまうのでトイレが近いのです。今回は隣が友達で、しかも二人席だったので安心して窓側を選びました。そしてなんの問題もなくウィーンに到着しました。(しつこいけど、帰りがひどかった・笑)

 最初に泊まったホテル「ザッハ」は、お菓子のホームラン王‥ではなく、お菓子のザッハトルテ発祥のホテルで皇室御一家もお泊まりになったことがある老舗ホテルでした。荷物を置いて早速探訪、探訪!


ウィーンの「馬車」。そっと触ろうとしたら動きだしてびっくり。

 この馬車なんですが、馬とにらめっこしていたら通りがかりの現地一般人に「ば〜か〜ぁ」と日本語で言われてしまいました(爆笑)。凄いむかついて言い返そうと思ったのですが大人の僕はやめました(笑)。歴史のあるヨーロッパの道は、馬車が走れるような石畳になっていました。なのでヒールだと足が疲れますよ。
 それとここも下をよく見ていないと「うんこ」を踏みます(爆笑)


今回の旅行ではスイスに続き、「一眼レフカメラ」を持ち、カメラマン気取りでした。


カフェ「ヴロイナーホフ」でランチとコーヒーを楽しむ風来坊。

 このカフェはガイドブックに載っていない、普通の一般の人がランチに来るカフェで、ビジネスマンが多かったです。ウエイトレスはいなくて黒服の給仕さんと年配のマネージャが切り盛りしていて、天井の高さと共に「ああ、ヨーロッパだなぁ」と感じる場所でした。
 新聞を読みながら食事をしたり、商談をしながらの食事など、席は狭いのですがゆったりとした雰囲気があり、なんとなく和みました。

 今回の旅行ではデジカメではなくフィルムカメラで撮影しました。「おのぼりさん」のようでちょっと恥ずかしかったのですが、よくよく考えたら自分は「おのぼりさん」なので安心して首から下げて写しまくりました(笑)
 右上に続く

 
「聖シュテファン大聖堂」の前で。火事になって真っ黒になったのではありませんよ(笑)

 「聖シュテファン大聖堂」があるシュテファン広場は車も入ってこない広々とした場所で、夜にはギターで静かに歌う青年など、とても気持ちの良い場所でした。あいにく中には入れませんでした。


ホテルの室内。入り口にもう一つの部屋もあるのですが、そこは鏡張り(笑)ウォークイン・クローゼットでした(でも8畳以上ある)。

 予算の関係で素晴らしいホテルの結構安い部屋(笑)を選んだのですが、ゴーカ! 夕方帰ってきたら机の上にフルーツとチョコレートの盛り合わせがありました。ヨーロッパのホテルはこれがたまりませんね。


ね、おいしそうでしょ。


ザ・テレビジョン風にポーズ(笑)

 くつろいでからもう一度夜のウィーンを探訪しました。寒かったのですが、ネオンやクリスマスデコレーションがとっても美しかったです。


クリスマスデコレーションではありませんが、やっぱり歴史のあるヨーロッパって素晴らしいと思いませんか。


デコレーションの『センス』が違いますね。

 市庁舎前のクリスマス市はこの旅行の帰りに楽しみに取っておいて、今日はうろうろ町中を探訪しました。上の画像のように車が入り込めない商店街には露天が出ており、「グリューワイン」が売られていました。「グリューワイン」はホット赤ワインで、シナモンやハーブの入った寒いウィーンにはもってこいの飲み物です。ちゃんとアルコールを飛ばした甘い、お酒の飲めない人用もあります。冬のウィーンに行かれたらおすすめですよ。


ロビーの奥に著名人の写真を発見! 僕の横にある赤い服を着た女性が写っている写真が「皇室御一行様」で天皇皇后両陛下です。


ビールはアルコール無しです。(間違えたのです・笑)

 翌朝、ベニスへ行くためにウィーンの空港でピザを食べました。ファーストピザなんですが、これがおいしかった。
ベニスまでの飛行機はSwissエアーだったのですが、プロペラ機でした(笑)

さて、無事にベニスに着いたのでしょうか?
 その2につづく

その2へ行く