ある! ある! ある!
JALで行く憧れのハワイ旅行!(笑)

2004年2月15日(日)から2月22日(日)まで。
南国ハワイはよいねぇ〜

今年は早々と海外旅行へ行ってきました。ハワイは二回目で、前回はなんと6泊8日で12500円でした!(モニターだったんです)
今回はきちんとお金を払いました(笑)
僕らにしては珍しく「フリーパックツアー」で行きました。
そのどたばたハワイ旅行をお楽しみください!



 国ハワイはいいですねぇ。空港の入国審査に2時間30分以上かかった事を忘れさせるくらい(爆笑)。いやはや本当にアメリカに入国するのには時間がかかります。さて、僕らが今回宿泊したホテルはワイキキビーチの目の前にある「シェラトン・モアナ・サーフライダー」という老舗ホテルの21階建ての方の19階に宿泊しました。ベランダから海とダイヤモンドヘッドと山が丸見え! 素晴らしい部屋でした。


最上階にあるペントハウスがツアー参加者のラウンジになっており、ここではワイン、ビール、ジュース、フルーツ、サンドイッチなどが無料で利用できました。そのテラスでワインで乾杯! しました。その後毎日利用。ありがとう、コンシェルジュさん!


ハワイアンウオーターズアドベンチャーパークでのひとコマ。
すごい腹が出ていますが御愛嬌と言う事で(爆笑)

 初日はホテル近くをぶらぶらして、これから数日分の食料を買い出しなどをして過ごしました。約8年ぶりのハワイはとても綺麗に変わっており、まるでテーマパークの様でした。
  次の日、オプショナルで『ハワイアンウォーターズアドベンチャーパーク』で楽しみました。ここは安全性を無視したプールのアトラクションがあるところで(笑)童心に帰って楽しみました。日本じゃ許可が下りないだろうなぁ。


三日目のホエールウォッチングの船の上で。気取ってますが朝早くて眠いのです。しかも眩しいし(笑)ここでは船酔いしませんでした。

 二日目のホエールウオッチングは早朝から出かけました。その日の2便目だったのですが、僕らとその他2カップルで合計6人しかおらず、なんとも貸し切り状態で出航、朝食がセットされていたので目的地に向かう途中で食事を取りました。船酔いが心配だったのですが、船外を見たり、風に当たっていたので僕は大丈夫でした。同船した日本人カップルがいたのですが、変にフレンドリーでクルーと気さくに話して(英語ね)『私は旅慣れてるの!』を見せびらかしていましたが、途中で船酔いになりダウン(爆笑)。後半はほとんど上を向いたままでした。
 さて、鯨ですが潮吹きも「ざっぱ〜ん」も見られました。すぐ近くまで来てくれたし、意外と岸の近くまで来ることが解りました。あ、このウォッチングで見られないときはもう一度無料で乗船することができるそうです。


ホエールウォッチングから帰り、ホテルのプールでクールダウン。


今日の夕食は「ラザニア」です。

 ホエールウオッチングから帰り、ホテルのプールやワイキキビーチで泳ぎました。そんなに広くないプールですが、深いところは僕の身長より深かったです。ごらんのとおり、変な外国人が浮かんでいたのでガキンチョ以外は入ってきませんでした(笑)。水は冷たく、外気はじりじり。気持ちよかったぁ。
 その後アラモアナ・ショッピングセンターへ繰り出し、ショッピング&夕食を取りました。フードコート(日本で言う屋台村ですね)で食べたのですが、僕が8年前に来たときと同じ店があり、その時友達が食べていた「巨大ラザニア」を注文。うーん、アメリカン。太るわなぁ‥。


ハナウマ湾まで行きシュノーケリングをしました。


海はきれいでしたがやっぱり「生活水」が流れてくるのでビニルのゴミがあったのは残念。


すでに真っ黒。太り過ぎですね、ダイエットしなきゃ。


今回も水中デジカメで激写!

 四日目はハナウマ湾まで出向き、シュノーケリングを楽しみました。透明度が高く、美しいハナウマ湾は入場制限をしており、ビーチに降りる前に教育ビデオを見ます。その後ビーチへ。海に入るとすぐそこに魚がわんさかいて子供でも魚の観察ができます。海も穏やかなので子供と一緒に行くといいですね。このあたりで泳いでしまうと、ワイキキビーチが汚く感じます(笑)
 今回も水中デジカメを持って泳いだのですが、曇り止めを忘れてしまい(水中眼鏡ね)カメラのモニターが全然見えませんでした。なので「カン」で撮った画像が多いです。


まるで水族館のようなハナウマ湾に住む魚。


泳ぎ疲れて帰り道での記念撮影。本当に天気がいいです。

 ハナウマ湾にいた時間中天気が良かったので全身真っ黒&真っ赤! この後買い物に行ったり食事をしに行った先々で日本人以外の人種に間違われました(爆笑)


五日目の午前中にアロハシャツの古着屋に行き、しこたま買い込みました。


バニヤン・ベランダでアフタヌーンティー。英国貴族のようです。

 午後からは買い物三昧。ブランド品などには全く興味がない僕は、お目当てのウクレレやTシャツ、帽子、アロハなど自分自身のための買い物に明け暮れました。
 その後ビーチやプールで堪能し、同じホテルにある「バニヤン・ベランダ」でアフタヌーンティーを楽しみました。これは感動ですよ。サンドウィッチと三段にのせられたスイーツ、10種類以上の紅茶一つ一つの香りを楽しんで、その中の一つを楽しめます。まるで英国紳士の午後の紅茶です(笑) ここのアフタヌーンティーは有名で、このホテルに泊まらなくても利用できますので絶対のおすすめです。


夕暮れにホテルの名物の「バニヤンツリー」前で。この木の向こう側には「ザ・ビーチ・バー」があります。


六日目に行ったカイルアビーチここはベリーグットです。


またもや仁王立ちのワタクシ(笑)

 六日目はカイルアビーチへ行きました。ここは穴場で、端から端まで歩きましたが日本人は僕ら以外にいませんでした。海も青く、素晴らしいビーチです。前にモルヂブの砂は白くて綺麗と言いましたが、モルヂブは「珊瑚」が砕けたビーチですが(それでも砂の様に細かく、美しい)ここカイルアビーチは「砂」が「白い」のです。波打ち際を歩いていると足の裏に吸い付くようにつく地面。これぞビーチです。現地の人しか行かないビーチでもトイレ、シャワー、ハンバーガーなどを売っている売店はきちんとしており(更衣室、シャワーは無料です‥って、アメリカはほとんど無料ですね)敷物さえ持っていけば大丈夫です。ハワイに行ったら毎回訪れたいビーチです。


六日目、最終日の「ファイブスター・サンセット・クルージング」のウェルカムドリンクを頂くワタクシ。


サンセットクルージング。素晴らしい夕日でした。

 カイルアビーチから帰り、休憩後に今回の旅行の締めに「ファイブスター・サンセット・クルージング」を奮発しました。正装じゃなければいけないのでこのために買った派手なアロハを着ました。鏡に映る自分の姿を見て「うーん、現地係員みたい(爆笑)」。この格好でワイキキ界隈を歩いてもきっと「割引チケット」はくれないと思います(笑)。このクルージング、99パーセント日本人だけ! です。このクルージングを結婚式の二次会に当て込んだ人たちと席が隣り合わせになり、なんとも、まあ、変なクルージングになりました。このディナー、前菜で「冷製のロブスター」が出たのですが、僕は体に合わなくて、船酔いと合わさって「おえっ」状態。しばらく外で風に当たる羽目になりました。でもメインのステーキ、デザートをすべて平らげ、自分でも凄いと感動しました(笑)。

 クルージングが終わり、部屋で休憩後に僕は昨日購入したウクレレの無料レッスンを受けにひとりで出かけました。
ウクレレはギターより弦が少ないし、小さいから僕のような指の短い人にはぴったりだと思っていました。が、いざ弾いてみるとやっぱり指が届かない(爆笑)。指の短い人は弦楽器やピアノはダメなんですね。
 ウクレレと言うと牧伸二氏のイメージがあるのですがウクレレもギターと同じコードがあって、サザンやビートルズも演奏できるのです。
 その店「ウクレレハウス2」はとてもフレンドリーなお店で、帰国後その店で購入した人達のウクレレレッスンに参加することになりました。

 

 


最終日、早朝にウクレレを弾くワタクシ。またくるぞ!

 ハワイはあまりにも近い存在で、次はいつ行くか? と思っていましたが今回行く事ができました。やっぱりハワイは良いですね。海はきれい、暖かい、住んでいる人がとっても気さくでフレンドリー。一度でも行ったらきっとハワイのとりこになること間違いなしです。あーまた行きたい、行きたい。本当に楽しかったハワイ旅行でした。あ、ダイエットしなくちゃ(爆笑)